家庭での基本の感染予防行動は手洗い

埼玉県鴻巣市のフリーランスの保健師 栗原です。

人生は自分の選択の積み重ね

~あなたが自分らしく生きるために

 あなたの意思決定を支えます~




 *  *  *  *

《症状があるなら外出しない》
を当然として、

症状のない人は、
《空気感染を避けるために換気に努め 物理的距離をとる》
《ウイルスがついた手でも 口・鼻・眼 を触らなければ感染は防げる》
《近距離でマスク無しの会話を慎む》



DSC_1455~3.JPG

私は 4月に入ってから
ハンドメイドの布マスクを3枚購入しましたが、
他に一切特別な物を買っていません。
(以前から カビ対策・殺菌用に
「消毒用エタノール」と
「キッチンハイター」は
常備していましたが
まだ特別な使い方はしていません)

ますます増える「除菌〇〇」。
これは、脅して消費を誘う“不安産業” だと思う。
効果などないだろう物に
どうしてお金を使うのでしょ。
(害はないから販売許可されている。
下手をすると後で健康被害が明らかになるかも)


考えてみてください。
スーパーに並ぶ商品は不特定多数が触れます。
それを冷蔵庫にいれていますよね。
雑菌はいて当たり前のものです。

雑菌と新型コロナウイルスは別物なのに
なぜ「除菌○○」を欲しがるのでしょ。

かぜ症状がでている人と暮らす場合は
家庭でも特別な対応が必要ですが、
もう少し基本的なことをしっかりやってみませんか?

それは、
《石鹸で手を洗う。(さらにこまめに水洗い)》

我が家では
先月の洗面所の改修工事にあわせて、
手拭きタオルをかけておくのを止めました。
ペーパータオルも品薄ではありますが、
代わりに
子どもたちが小学生のころ使っていたミニタオルを利用。
使う度に右手にある洗濯機の中にポン。
1日に何度も手を洗うので
足りなくなったらペーパータオルを使います。
あるものを利用して賢く物(お金)を使いましょ。


 *  *  *  *


それぞれの人の ぞれぞれの価値観 を尊重します!


埼玉県鴻巣市の開業保健師です。
 ヘルス プロモーションサポート栗原 HP
身近な医療従事者として 電話相談にも対応しております。
上記HPよりご連絡ください。

この記事へのコメント