「クスリ」はコロナより怖くないのか?

埼玉県鴻巣市のフリーランスの保健師 栗原です。

人生は自分の選択の積み重ね

~あなたが自分らしく生きるために

 あなたの意思決定を支えます~



 *  *  *  *

8e94239aace699870de22554a9681536_t.png

薬については、
誰でもその添付文書がみられます。

PMDA(独立行政法人医薬品医療機器総合機構)
「医療用医薬品」のページに飛んで
「一般名・販売名(医薬品の名称)」に入力すればよい。

読み取りには少々専門用語の理解が必要ですが、
今や 医師や薬剤師の特権情報ではないのです。
昔は『今日の治療薬』っていう本を毎年購入していました。



「ある芸能人がアビガンを使った」「回復した」
という二つの情報が流れ、
あたかも 因果関係があるように受けとめる人がいます。

その人が回復したのは、
その人のもつ力を出せるように
さまざまな集中ケアがおこなわれた結果であって、
「アビガンを使ったから治った」



アビガンは
COVIT19にたいする薬ではなく、
従来の薬を試して効果のあるものを探している段階。
なのに、
これほど安易に承認されていくのもなんだかなぁ。。。


アビガン添付文書↓
https://www.pmda.go.jp/PmdaSearch/iyakuDetail/ResultDataSetPDF/400022_625004XF1022_2_02

こんなに赤色警告文があるものを
みたことがありません。
副作用も ズラーっと並んでますね。



 *  *  *  *


それぞれの人の ぞれぞれの価値観 を尊重します!


埼玉県鴻巣市の開業保健師です。
 ヘルス プロモーションサポート栗原 HP
身近な医療従事者として 電話相談にも対応しております。
上記HPよりご連絡ください。

この記事へのコメント