「新型コロナウイルスと共存する道を選んだということ」

埼玉県鴻巣市のフリーランスの保健師 栗原です。

人生は自分の選択の積み重ね

~あなたが自分らしく生きるために

 あなたの意思決定を支えます~



 *  *  *  *

9cd283733f91dbff658a082c3753a717_t.png


ダイヤモンドプリンセス号での対策から
感染症専門臨床医として
国民への情報公開に努め、
専門的知識の上に立った分析と行動指針を
日々発信続けている医師のFB投稿です。

高山医師のページ↓
https://www.facebook.com/profile.php?id=100001305489071
フォロー者が66000人まで増えていました😉


「言いにくいことを書くことにしました。
明日の朝、まずいと思ったら消します(笑)。
でも、建設的な議論に発展するなら大歓迎。」
という前置きで書き始めです。

私のシェア投稿は、
【この投稿を削除しなくちゃいけないのはなぜ
そんな社会がオカシイ


高山医師の投稿に対する
同意のリアクションはあっという間に6000を超え、
次々とシェアされていきます。
(3~4人に一人がシェアなんて滅多にないこと)
賛同のコメントも続いています。

「削除」されることはないでしょうが、

以下に全文コピペします。
(埋め込み機能がうまく働きません)
ぜひ、読んで考えてみてください。



**(6月8日1時:高山義浩医師)**


言いにくいことを書くことにしました。明日の朝、まずいと思ったら消します(笑)。でも、建設的な議論に発展するなら大歓迎。

===

―― 沖縄が観光を再開するが、どうすれば持ち込みを防げるか?

無理です。防ぐことはできません。先日、沖縄県で開催された観光事業者との話し合いの場にて、私は次のように申し上げました。
「いかに水際対策を強化しようとも、それでウイルスが持ち込まれなくなるとは思わないでください。観光を再開するならば、ウイルスが持ち込まれることを前提として、それをいかに早期に発見し、拡大させないかをそれぞれの事業者で考えていただければと思います」
観光に限らずですが、今後の感染対策を考えるうえで、重要なポイントがあります。それは、世界のほとんどの国が、新型コロナウイルスの封じ込めを諦めて、このウイルスと共存する道を選んだということ。私たちは「新型コロナウイルスのある世界」を受け入れたのです。
日本政府もまた、国内における感染拡大を防止すること、とくにオーバーシュートと呼ばれる爆発的拡大を防止することを基本的な方針としています。理屈上は封じ込めることも可能かもしれませんが、そのために犠牲となる社会経済があります。そもそも、欧米諸国が封じ込めを諦めているのに、日本がコロナフリーを維持しようとするのは現実的ではありません。
というわけで、私たちは「地域で新型コロナを発生させない」ではなく、「地域で発生することはあるが広げない」ことを目標に感染対策をとっていくことになります。観光の現場でも、観光客や従業員が発症することはあると思います。大切なことは、そのことに早期に気づき、適切な治療を受けさせ、地域に感染を広げないことです。
ただし、このウイルスは高齢者や基礎疾患を有する人には高い病原性を有しています。たしかに、若い人でも重症化することはあります。ですから、「感染しても仕方がない」と無頓着になって、必要な感染対策を疎かにすべきではありません。
事業者ごとに顧客(高齢者が多いなど)の特性があり、従業員との関係性(密接さなど)もあるでしょう。感染リスクをどこまで許容できるかは、事業者ごとに決める必要があります。


―― 学校でも発生する可能性がある。仕方ないのか?

この感染症は社会に広がっています。いまは一時的に収束していますが、いずれまた流行します。そのプロセスにおいて、ずっと休校しているなら、学校で発生することはないでしょう。でも、市中で子供たちは感染するでしょうが・・・。
観光の再開と同じで、学校を再開する以上は、ウイルスが持ち込まれるリスクがあります。このウイルスは、乳児については不明な点もありますが、小児にとって病原性は高くないことが分かっています。もっぱらインフルエンザよりも症状は軽く、死亡することは極めて極めて稀です。
沖縄県の教育部局が一斉休校の判断をしたときに、専門家会議で強く念を押したことがあります。
「子供たちにとってリスクの高い感染症ではありません。子供たちが持ち込んだ感染症でもありません。大人たちを守るために、子供たちに協力してもらうことを忘れてはなりません。子供たちに学校を休ませながら、一方で、大人たちがゴルフだ飲み会だと楽しむとすれば本末転倒です。それなりの覚悟で大人たちも取り組むべきです。そして、今回の休校措置のあいだに、学校を閉じなくてもよい方法をみつけましょう」
結果的に、あまりにも長い休校となりました。小学校への入学を楽しみにしていた1年生たち。新品のランドセルを眺めながら、どうして学校に行けないのかと寂しく思っていたことでしょう。子供たちにとって、成長のために大切な1日1日だったはず。
私たちの国は、若い世代にツケを払わせながら高齢者を支えてきました。財政とのバランスを欠いた手厚い年金、高齢者負担を極端に減免した医療・・・。あれこれ言うつもりありませんが、高齢者を感染症から守るためにと、子供たちの未来を奪うことはやめましょう。もっと、直接的に高齢者を守る方法をとるべきです。


―― 今後、どのタイミングで休校するのが適切か?

科学的な根拠に基づきつつ、地域ごとに話し合って決める必要があると思います。私自身は、発生するかもしれないからと、ずっと学校を閉じておくことには反対です。発生したときにどうするか、きちんと決めておけばよいと思ってます。
まず何より、症状のある子どもは確実に休むことをコンセンサスとしなければなりません。すべての出発点ですね。そして、同じクラスや部活動などで2人以上の病休が出たら、医療機関を受診させてPCR検査を受けさせること。ちょっと大変ですが、当面は地道にやっていった方がよいでしょう。
生徒への新型コロナへの感染が確認されたとき、学校を休ませるのは、感染者と濃厚接触者(同じクラス、部活動など)までとします。ただし、サーベイランスは強化する必要があり、やはり広がっていくようであれば、収束するまでは全校休校とすることも考えられます。
その一方で、基礎疾患のある子どもを守る必要があります。我が家にも免疫抑制剤を内服している子がいるのですが、地域で感染経路不明の患者が出たときなど、たしかに不安になります。そういうとき、気軽にオンライン授業へと切り替えられるようにしてくれると助かります。
新型コロナに限らず、学校に行けない子供たちがいるので、これをきっかけに整備してほしいところですね。まあ、いまできないんだったら、もう日本の教育は変わらないんでしょうね。


―― 対策を維持すべきところ、緩めてよいところの判断が難しい。

実は、新興感染症の流行初期とは、こんなものなのです。最初の流行は徹底して封じ込めます。4月の流行がまさにそうで、住民は大変でしたが技術的には難しくありません。
難しいのは、ウイルスの特性を見切って、対策を緩めていくプロセスです。これには科学的な根拠が必要ですし、強弱のつけ方について住民とのコンセンサスが求められます。
2009年の新型インフルエンザのときもそうでした。最初は5月に大阪・兵庫で小流行がありましたが、やはり徹底して封じ込めました。学校は休校、イベントは中止、濃厚接触者を含めて全員がタミフル内服。しかし、病原性と感染力の理解に基づいて、6月以降は運用指針を緩めていきました。
新型インフルエンザと新型コロナは違うウイルスですが、いま、同じように調整が求められています。高齢者においてウイルスの病原性は高いですが、(東アジアのライフスタイルでは)感染力はインフルエンザほど強くはありません。社会経済を止めるほどではなく、突破口を見つける必要があります。


FB参加者は、こちらから元投稿にどうぞ
 ↓(コメントも読めます)
https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=2953610494692438&id=100001305489071


****


自治体(教育委員会も)は、
厚労省が決定した方針に従って動きます。
各地の状況に合わせて変えてよいところでも
リスク(責任)を恐れて従うだけ。。。

医療機関なども
「正しい」=「厚労省の通達」という意識かな、と。
感染者を扱う医療機関のやり方を
市中の暮らしにそのまま持ち込む必要はないのに、
一部の「医療者」たち(ニセ専門家)たちが
国民に不安と恐怖を植え付けた感が
否めません。

だから、
国民の意識が変わらない限り、
公は「やっている」という姿勢を見せることで
管理を強める。
私たちの暮らしをがんじがらめにしてしまう。


今、高山医師は東京です。
厚労省の専門家会議の一員として
日々対策を練られていることでしょう。
でも、
日本の組織の力関係は、
大学教授(←研究の専門家)とか
年齢(高齢のほうが上?)とかを重視するから、
高山医師は、
「なんで?」というほど下の立場に
置かれているようです。

「言いにくいことを書く」という言葉から、
そんな背景を感じとりました。

たくさんの国民が応援しています!



 *  *  *  *


それぞれの人の ぞれぞれの価値観 を尊重します!


埼玉県鴻巣市の開業保健師です。
 ヘルス プロモーションサポート栗原 HP
身近な医療従事者として 電話相談にも対応しております。
上記HPよりご連絡ください。

この記事へのコメント