【プロフィール】(ヘルスプロモーションサポート栗原)

埼玉県鴻巣市のフリーランスの保健師 栗原です。

★HP終了に伴い、各ページをブログ記事に移行しております。

1112a3c0aa903374e86e4f3a2c23641e_t.png


自己主張のない「よい子」が、看護学(恩師)に出会って、「生きることの意味を考えること」「学ぶこと(自分で課題を見つけていくこと)」「自分の意見を持ち表現すること」の大切さと喜びを知りました。

食事や睡眠より学びを楽しんだ学生時代、臨床看護師、そして看護基礎教育・・・、様々なチャンスをいただき、いつもその時を精一杯頑張ってきた20代。

結婚して家庭に入りました。仕事に戻りたい気持ちを感じながら、でも育児にも手が抜けません。

やっと子どもたちは高校生、私は50歳を前にして、約20年ぶりの常勤看護職への復帰を果たしました。
そして保健師へと転職し、産業保健という私にとって新しい分野に出会うことになります。同時に、“特定健診・特定保健指導”の立ち上げも重なります。

家事・育児優先の主婦・非常勤保健師から、わずか2年で小さな部署とはいえ管理職へ。
職業人として自分らしく生きる喜びを感じながら、長所でもあり短所でもある“徹底性”がでてしまいました。
次々に浮かんでくる課題を前にして長時間精力的にそれらに取り組んだ結果、体は自律神経障害を起こし、結局退職することになりました。それでも自分に負けたくなかったのですね。
休まなくてはいけない状態の中でも、看護師継続教育者を目指して大学院に進学。同時期に、末期がんの実父の最期を支えるための調整活動も重なりました。

「自分は心をコントロールできるから“うつ病”にはならない」と走り続けた結果は、身体症状に加えて、脳疲労による思考の停止という私にとっては最悪の状態をもたらしました。心のエネルギーも奪い取られ、この時点で“うつ病”を認めざるを得なくなったのです。

 抗うつ剤も使用し、精神科医と自分の身体感覚を共有しながら、治療・リハビリという貴重な経験をしています。“自律神経は自分の意思に従ってくれないのだ”、その当たり前のことを実感したのです。大好きだった活字が吐き気や頭痛をもたらす不思議。頭を使うと体が動かなくなり、体を使うと思考力が低下します。“起き上がれない”ってこういうことなんだ・・・。
頭で理解していたことが、感覚としてわかるようになりました。                                        

体調不良を感じてから約5年間は、人生の中で最も苦しい時期だったかもしれません。でも、振り返ってみると、失ったよりも多くのものを自分の中に得ているのです。やはり「ピンチはチャンス」でした。

「やればできる」という学生時代から積み重ねてきた自己効力感は失いませんでした。

今は 自分のエネルギーレベルを調整する術を身につけ、少しずつ目標に向かって歩きはじめました。


「今自分にできることは何か」
その答えが、自らが信じる医療倫理と死生観(哲学) を軸にした、保健師としての自分を活かすことのできる場を自ら作ること。保健師としての個人開業だったのです。
医療職として国民の意志決定を支援する最も身近な存在になること。
(保健師を雇用することが難しい中小事業所の健康増進活動を支える存在になること)
“今”のニーズに応えます。

保健師=私。これまでの人生を通して学んできたことすべてを活かしていきたいと思います。
そして、ご相談いただくことで、また私は新しい学びの機会を得ることができます。


「国民の税金で学ばせていただいていることを忘れなさんな。いつか何らかの形でお返しするのよ。」
これは、看護学の最初の授業で、恩師高橋美智先生からいただいた言葉です。
(先生は、2010年冬、静かに看護界を去って逝かれました。) 
この言葉が、私の北極星です。

庭の手入れがよい気晴らしです。
フラワーアレンジメントも楽しみます。


ブログ『人生は自分の選択の積み重ね』


経歴

1961年        茨城県生まれ

1983年3月   筑波大学医療技術短期大学部看護学科卒業 [第2期生]

1985年3月   千葉大学看護学部卒業 [第7期生]
                   (大学在学中は玄々堂君津病院・非常勤看護師)

1985年4月~1987年3月
                   筑波大学附属病院(集中治療棟看護師)

1987年4月~1990年3月
                   東京都立医療技術短期大学看護学科(助手)

1990年4月    結婚・退職・鴻巣市へ転入
                   1991年 長男誕生   1992年 次男誕生

1996年9月~2006年7月
                   鴻巣市・行田市等保健センター・鴻巣保健所など(非常勤保健師)

2000年        介護支援専門員資格取得登録(義父が倒れ要介護5・在宅療養支援)

2006年7月~2007年8月
                  鴻巣市内の診療所で常勤復帰(常勤看護師・保健師)

2007年9月~2009年3月
                  上尾中央総合病院・保健指導科(保健師)
                  (2008年5月~ 主任保健師・所属長兼務)

2009年4月~ 産業保健師求職活動
                  産業カウンセラー養成講座受講・翌年資格登録

2010年4月~2012年9月
                  群馬県立県民健康科学大学大学院看護教育学領域(中途退学)

2014年4月  保健師として個人開業 


免許・資格

保健師 (1985年~)

看護師 (1983年~)

産業カウンセラー(2010年~)

第一種労働衛生管理者(2009年~)

介護支援専門員(2000~2007年)


 *  *  *  *

それぞれの人の ぞれぞれの価値観 を尊重します!
埼玉県鴻巣市の開業保健師です。

HP 2018.07.18-2.png

身近な医療従事者として 電話相談にも対応しております。
メール(フリーメール不可)・電話(番号通知)にてお問い合わせください。
 メール:hps-kurihara@biglobe.jp
 電 話:090-7171-6308

ボイスマルシェ予約が優先ですが、
スマホがつなげればそのままお話しいただくこともできます。
夜は22時頃まで電源を入れています。
初回30分以内の電話相談は無料です。

電話はカケホーダイプランですので、
最初に伝えてくだされば こちらからおかけなおしいたします。
お試しの後
日ごろの相談者としてご利用いただく場合は、
医療保険外の自費サービスになります。

この記事へのコメント