サルビアの会 (7月患者会) に参加

毎月第3土曜日は 茨城県古河市のがん患者の会に参加。
「がんなんかに負けてたまるか」~がん患者会の人たち

既にTJさんが先生とお話ししていました。
先生の著書 『がんの治療をやめるとき~家で迎える安らかな死』(1999)
を読んでの感想のようです。
実際にがんの治療を乗り越えているTJさん。
自分のことだけでなく、自分の経験を通して、様々な社会問題を考え続ける姿勢
が素敵です。

先生がTJさんにこの本をお貸しした経過も知りませんし、
この本を読んでいませんでしたが、
今日は、私自身の父のがん治療とのかかわりについてお話しました。
「私は、父にすい臓がんの治療をやめることを勧めたんです。」
★(2014/05/19)父を送って4年・・・
  ★(2014/11/05)抗がん剤治療~膵臓がんだった父の場合
  ★(2014/8/16) 『がんになって分かったこと』 拝読いたしました。

私は保健師であるだけでなく「がん患者家族」でもあります。
看護について学び始めてすぐに関心を持った緩和ケア・終末期ケア・在宅ケア。
現在では医療費抑制の側面から在宅医療が推し勧められていますが、
緩和ケアの不十分な時代だった30年以上前から それを望む声はありました。

[実際にがんになった人にしかわからない気持ち・不安があるのだ] ということは理解しているつもりでしたが、一患者家族としてお話に加わりました。

父について少なくとも他の家族より最もその生き方・価値観を理解していたという自負があったからこそできた支援ともいえます。
最善だったかどうかは分かりませんけれど・・・・。


私個人の生き方として、「がんで最期を迎えたいと考えている」と発言しました。
(今は緩和治療が確立されていますから)
がん=死 ではないですけれども、
がんであれば自分でその後の生き方を選ぶことができるという利点があります。
(事故や心疾患による突然死は何も準備ができないですし、
 脳疾患による高度認知障害は自分の意志で生きているとはいえない。
 ・・・・と考えるからです。)
★(2014/11/05)それぞれの人がもつ それぞれの死生観


その後は今進められている 在宅医療の推進について皆さんでお話をしました。
赤荻先生は積極的に在宅医療を実践している推進者です。
古河市民は幸せですね。

「在宅医療といっても、家族の機能そのものが変化している」

「子どもたちに仕事を辞めさせたりしたら それこそ大変」

「夫婦がいれば何とかなっても、一人暮らしになったとき 今の家では無理」
「とくに男性が残された場合は生活が成り立たない」

 ・・・・・・ 

いろいろな問題があがりました。

今まで住んでいた家だけでなく、サービス付き高齢者住宅や老人ホームなどの施設も「家」とみなして在宅医療をすすめていくことになります。

「家族」とか「家」とか これまでの価値観を見直して、どう生きるかを考えなければならない時代になったようです。



国の在宅医療推進政策にのって さまざまなビジネスが展開されることでしょう。

サービスを提供する施設設置者の志・サービスの質を見極めることも大切になりますね。



会の様子は、赤荻先生のブログに数回に分けて記されます。
いつものように、記事がUPされるたびにリンクしていくつもりです。


サルビアの会患者会7月(その1)
   (赤荻先生も私と同じようなお考えだったようです。)
サルビアの会患者会7月(その2)
サルビアの会患者会7月(その3)
サルビアの会患者会7月(その4)
サルビアの会患者会7月(その5)


"サルビアの会 (7月患者会) に参加" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。