光熱費の激減

先日のガスの検針票は、1600円弱。(シンプル料理・シャワー浴)
今日は電気の8月分の検針票の請求予定額12000円弱。

息子たちが家を出て、夫婦だけの生活になり、どちらも約半分に減りました。


若い世代はエアコンがあって当たり前。

私たちの世代は、「もったいない」が 働きます。

それでも、異常に暑い日が続くようになって、
エアコンは午後から就寝後1時間まで使うことが多くなりました。
猛暑日には朝から必要な日もありますね。
外出時にも、29~30度設定でつけたままにしていきます。

[快適に過ごすためにあるんだから 無理しない] と考えるようになりました。

お米やその他の『モノ』のためにも、リビングだけでなく
キッチンや隣接する和室の扉も少し開けておきます。

エアコンも新しいものは省エネなので、その効果もあるのでしょう。
お掃除機能が予想以上にウルサイ のが 少し困ります。


私は暑さに比較的強いのですが、
毎日27度くらいで湿度も管理された室内で過ごすことが多い夫は、
とっても至適温度幅が狭いんです。
「通勤が一番大変」 だそうですから。


昨日、美容室での待ち時間に読んでいた雑誌に、
定年退職後の生活費について、
総務省の数値(平均値だったかしら)がありました。

食費、光熱費、その他 結構お使いになる方が多いのですね。
我が家はすでに節約モード?かもしれません。


燃えるゴミや燃えないゴミは臭いが出るので小袋で毎回出しますが
とても少ないです。
(燃えるゴミの日には、草や切り枝は大袋で大量に出させていただきますが)

容器包装類の大袋を毎週2つも出しているお宅は、どんな生活なのかしら?
我が家は、2週間に1回だせば大丈夫。(臭わないので、物置に保管して圧縮)

収入が減ったからといって、すぐには生活を変えられるものではないでしょう。


『無駄・無理・ムラを減らすこと』

これは管理(マネジメント)の基本として、看護学の恩師から教えられたこと。
日常生活にもしっかり使える観念です。




埼玉県鴻巣市の開業保健師 ヘルスプロモーションサポート栗原 HP はこちら

"光熱費の激減" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。