【沖縄での感染症医と倫理学者の対話 第三部】

埼玉県鴻巣市のフリーランスの保健師 栗原です。

人生は自分の選択の積み重ね

~あなたが自分らしく生きるために

 あなたの意思決定を支えます~



 *  *  *  *
93f0947c48f86dc2be79d79cac13faec_t.png

倫理学者・金城隆展先生との対話の3回目です。

《第三部 高度医療機器が不足したときの配分は?》

ECMOという言葉は
メディアを通じて知られるようになりましたが、
全国に1412台しかない(そのうち 1255台は待機)
希少なものです。
どんなものかは 本文中に説明があります。

その限られた数しかない器械を誰に使うか。
典型的な医療倫理の問題そのものです。

そして これは、
「もしも」ではなく、
この後日本で確実に起こるだろう
差し迫った問題でもあります。


一冊の本になりそうなほど
中身が濃い対話です。

できれば、
高山医師のFBページをたどってぜひ第一話からどうぞ。
(私のブログでも読めます)

 ↓ ↓ ↓



 ↓ (FB参加者)↓
https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=2796898230363666&id=100001305489071


 *  *  *  *

それぞれの人の ぞれぞれの価値観 を尊重します!


埼玉県鴻巣市の開業保健師です。
 ヘルス プロモーションサポート栗原 HP
身近な医療従事者として 電話相談にも対応しております。
上記HPよりご連絡ください。

"【沖縄での感染症医と倫理学者の対話 第三部】" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。