テーマ:エンディングノート

銀行印の整理 ~もしもの時に備えて

以前から もしもの時に備えての情報整理をお勧めしています。 (2017/7/3)年齢に関係なく エンディングノートを書いてみませんか 自分だけでなく、 家族にも一冊ずつ 「もしもの時に役立つノート」を渡してあります。 今日は平日ですが、夫が休暇をとれたので、 夫の預貯金通帳の改印手続きをして回りました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「デジタル遺品」 ~若い人ほど情報記録が必要では?

以前にも 「年齢に関係なく エンディングノートを書いてみませんか」(2014/07/03)  を書きました。 私のおすすめしているのは、 コクヨの“もしもの時に役立つノート”です。 PCなど様々なサイトを利用していると IDやパスワードなど 自分でも覚えていられなくなりますね。 それらを管理するためのソフトも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お墓のこと ~「私の中では今の最大の悩みなの。」という言葉を聞いて・・・・

自分のエンディングノートでも空白になっていた「お墓について」のページ。 夫を亡くし子どももいない方の、「夫の実家のお墓をどうしたらよいか・・・。」 そんな言葉を聞いて、「墓じまい」「改葬」「無縁墳墓」など、 墓地・埋葬に関する法律を含めて いろいろと調べながら一緒に考えています。 (心理相談ではありません) も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2月5日の 茶話with保健師 は「“リビング・エンディングノート”の勧め」

先日のNHK番組「ひとり死」に関する報道(?)で取り上げられていた エンディングノート。 関心の高さに比べて、実際に書かれている方は少ないようです。 わたしは、「孤独死」という言葉にかわって 「ひとり死」という言葉を聞くようになって、いい表現だなぁと思いました。 「一人でひっそりと最期を迎えることをマイナスイメー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まちの駅で 「茶話with保健師」 始めてみました

毎週木曜日に准ボランティアスタッフとして、まちの駅に通うようになりました。 でも、地元野菜の販売が主で、 なかなか保健師としてお話をする機会に出会えません。 そこで、駅長さんに 「茶話会with保健師」(参加無料) を提案し、 賛成していただきました。 今日はその1回目。 これからの生き方を考える機会にし…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

それぞれの人がもつ それぞれの死生観

「安楽死」や「尊厳死」が取り上げられているようですが・・・ その他にも、 「平穏死」「自然死」など、最期の迎え方をあらわす様々な言葉があります。 参考 日本尊厳死協会 個人的には、自分の価値観を尊重されて、苦しむことなく最期を生きたい と思っています。 どんな病気になるか、どんな事故・災害に巻き込まれるか…
トラックバック:10
コメント:0

続きを読むread more

年齢に関係なく エンディングノートを書いてみませんか

家族全員にいわゆるエンディングノート「もしものときに役立つノート」(コクヨ)を渡してあります。 いろいろと市販されているようですが、薄めの仰々しくないタイプです。 年齢に関係なく、いつ事故や病気で意思 表示できなくなるかわかりません。 実際に自分で書き始めてみた時、 一番面倒に思ったのは 「各種の暗証番号…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more