テーマ:

厚労省が CAR-T細胞療法薬剤「キムリア」を承認

埼玉県鴻巣市のフリーランスの保健師 栗原です。 人生は自分の選択の積み重ね ~あなたが自分らしく生きるために  あなたの意思決定を支えます~  *  *  *  * 厚労省が CAR-T細胞療法薬剤「キムリア」を承認。 1患者当た…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花粉症の処方薬が薬局で購入できます

埼玉県鴻巣市のフリーランスの保健師 栗原です。 人生は自分の選択の積み重ね ~あなたが自分らしく生きるために  あなたの意思決定を支えます~  *  *  *  * 花粉症に悩まされる季節になりました。 受診して薬を処方してもらうのにも 待ち時間がかかりますね。 そこで、ご紹介記…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

急展開?! ・・・ ゾフルーザが品薄?⇒耐性ウイルス発見速報 

埼玉県鴻巣市のフリーランスの保健師 栗原です。 人生は自分の選択の積み重ね ~あなたが自分らしく生きるために  あなたの意思決定を支えます~  *  *  *  * THE SANKEI NEWS(1月21日) 塩野義、新インフル薬ゾフルーザの増産検討 インフルエンザが急速に猛威を振るう中、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「マネーデータベース『製薬会社と医師』」WEB公開

埼玉県鴻巣市のフリーランスの保健師 栗原です。 人生は自分の選択の積み重ね ~あなたが自分らしく生きるために  あなたの意思決定を支えます~  *  *  *  * (記事の下方にリンクがあります) クスリの消費者(利用者)は国民ですが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あなたは新薬「ゾフルーザ」を使いたいですか?

埼玉県鴻巣市のフリーランスの保健師 栗原です。 人生は自分の選択の積み重ね ~あなたが自分らしく生きるために  あなたの意思決定を支えます~  *  *  *  * ★先日シェアさせていただいた記事を再度リンクします★  お勧め ⇓ 2018年12月28日ハフポスト インフルエ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

抗インフルエンザウイルス薬の主流が変わる?

埼玉県鴻巣市のフリーランスの保健師 栗原です。 人生は自分の選択の積み重ね ~あなたが自分らしく生きるために  あなたの意思決定を支えます~  *  *  *  * インフルエンザの予防接種は受けましたか? これから数か月は、 ちょっと体調を崩して発熱するたびに 「罹ったかな?」 と心配…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

オプジーボについての報道を憂える。。。

埼玉県鴻巣市のフリーランスの保健師 栗原です。 人生は自分の選択の積み重ね ~あなたが自分らしく生きるために  あなたの意思決定を支えます~  *  *  *  * 誰もが知ることになったオプジーボ。 がん治療の現実を知る医療者としては、 TVや新…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

貴重な晴れ間 ~庭のチャドクガに気をつけて!

埼玉県鴻巣市のフリーランスの保健師 栗原です。 人生は自分の選択の積み重ね ~あなたが自分らしく生きるために  あなたの意思決定を支えます~  *  *  *  * 雨が上がりました。(*^-^*) 洗濯したり、庭のお手入れをしたり、 何かと忙しい一日になりそうです。 私も庭の木々…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「かぜとはどんな病気ですか?」 

埼玉県鴻巣市のフリーランスの保健師 栗原です。 人生は自分の選択の積み重ね ~あなたが自分らしく生きるために  あなたの意思決定を支えます~  *  *  *  * 一般的に、「かぜ」というときは、 「急性上気道感染症(急性上気道炎)」 をさし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

デパス錠の危険性を知って使っていますか?

埼玉県鴻巣市のフリーランスの保健師 栗原です。 デパス(エチゾラム) という薬をご存知ですか? 精神安定剤のひとつです。 (抗不安薬・睡眠薬) 2016年10月、第3種向精神薬に指定され 保険医による処方の上限は 30日分に制限されました。。 それが、 2018年度の診療報酬改定では …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

"クスリ" は "リスク(危険)" の裏返し ~薬が好きですか?

『"クスリ" は "リスク(危険)" の裏返し』 ・・・ 知っていますか? (ん? と思った方は、後ろから読んでみてください) 健康に良いというものを好んでとりいれ、 良くないものはできるだけ避ける生活をしようとしている人が多いのに、 どうして 「クスリ」 には抵抗感が小さいのでしょう。 薬を使う人はよく使いますし…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

糖尿病治療薬は 週一回内服のものが主流へ

「2015年3月26日、持続性選択的DPP4阻害薬トレラグリプチンコハク酸塩(商品名ザファテック錠50mg、同錠100mg)の製造販売が承認された。適応は「2型糖尿病」で、1週間に1回100mgを経口投与する。」 知らずにいました!    医療ニュースメルマガで 毎日様々な情報が入ってくるのに・・・・ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「いわゆる風邪」に抗菌薬(抗生物質)を使うリスク

keitaro さん の「風邪」に関連して・・・・ 風邪が流行り始めているのですね。 上気道炎(いわゆる風邪)は、ウイルスが原因ですから、 抗菌薬(抗生物質)は効果がありません。 多くの医師は、疑問に感じながらも 患者の「薬も出してくれない医者」という評価をおそれて 抗菌薬(抗生物質)を処方しているのが現実のようです。 …
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

デパスやアモバンなど「投薬上限は30日」へ ~向精神薬に指定

医療維新 m3.com よりのニュースです。 中央社会保険医療協議会総会(会長:田辺国昭・東京大学大学院法学政治学研究科教授)は9月28日、精神安定剤のエチゾラム(商品名デパスなど)、睡眠障害改善剤のゾピクロン(同アモバンなど)について、投薬期間の上限を「30日」と定めることを承認した(資料は、厚生労働省のホームページ)。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

夫の風邪をもらって「自己隔離」

やっぱり感染してしまいました。 一週間前、 夫は 40度を超える発熱で インフルエンザも心配したのですが、 翌々日には解熱して 部屋にこもっていられません。 食事にもリビングに降りて来るし、 図書館で本を借りてきたいと言います。 行っちゃいました。(呆れ・・・) 「自分がウイルスの固まりだってことを認識してくれる…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

夫の発熱 ~なぜ初期対応ができないのでしょう

数日前から鼻汁、くしゃみ、軽い咳・・・ いつも通りちゃんと食べて、 早寝もしていましたが、 昨日の朝は、 洗面所にイソジンが出してありましたので おそらく 喉の痛みも出てきたのでしょう。 昨夕はいつも通りに帰宅してきたものの ヘロヘロ声で  「寒くて寒くて、・・・体温計出してくれる~?」 39.3度ありました。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

老年医学界が「高齢者が中止を考えるべき医薬品」の医療者向け指針案作りへ

多くの高齢者が「薬」のお世話になっている現状です。 国は、院外処方、医薬分離を勧めることで、 個人が飲んでいる薬の一括管理を目指しました。 しかし、医療機関のすぐそばのいわゆる「門前薬局」で処方薬を受け取り、 処方する医療機関と処方薬局の関係は、私には共存関係にあるように思えます。 処方された薬について、処方した医…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「オロナイン軟膏」は常備しておくべきか ~やけど・傷・水虫・・・どうしますか?

多くのお宅にありそうな家庭薬についてです。 以前のコメントから、話題にさせていただきました。 大塚製薬の公式HPの製品情報(http://www.otsuka.co.jp/product/oronain/oronain_h/index.html) 効能・効果の欄を見て、やはり「ん~」です。 ステロイドは使われていません。…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

チャドクガ(幼虫)にさされた!  ~ステロイド系軟膏の抗炎症効果~

先週末のことですが、 庭で草取りをしていた夫が チャドクガの幼虫にやられました。 私が山茶花に近づくときは よ~く確認してから近づくのですが、 夫にはそれは無理。  「さされた~」  の声で 庭に出てみると、 早くも 腕には ポチポチと小さな発赤が出始めています。  「“ムヒ” 塗らなくちゃ!」  …
トラックバック:2
コメント:4

続きを読むread more