テーマ:生きる

計り知れない生命力 ~ 義父の場合 ~

介護保険制度元年、義父が脳梗塞で倒れました。 糖尿病と不整脈があることは知っていましたが、 詳しい病状は聞いていませんでした。 ある日、義母から、 「この前、急にしゃべらなくなって座ったまま倒れたと思ったら、すぐ治ったのよ。」 (よかったぁ、という反応でした。) 不整脈って心房細動だと直感。 私の頭のなかには一…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

父の肝臓破裂の連絡を受けた時のこと ~サルビアの会6月患者会(その2)について

サルビアの会6月患者会(その2)について、 記事の一部修正をありがとうございます。 約10年ほど前のことでした。 実父の大ケガ(肝臓破裂)の連絡を受けたとき、  [大したことはないだろう。急いで行かなくても大丈夫だろう。] ではなく、 実は、私は、・・・・・ [またやった!今度こそ無理だ。] と考えたんで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サルビアの会 (5月患者会) に参加

毎月第3土曜日は古河市福祉の森診療所でがん患者の会が開かれます。 今日は小雨。 でも、植物には恵みの雨でもありますね。 いつものように 皆さんが集まってきました。 お顔なじみになって 会場に入る前からご挨拶ができるようになりました。 一緒に会場に入ったTJさんが、すぐに先生に報告。 「いやあ~、今度は胃にがん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サルビアの会 (4月患者会) に参加

1か月ぶりの古河市は、桃の花から新緑に変わって 暖かな一日でした。 会場の診療所が開く前に、MYさんやASさんと玄関前でおしゃべり。 一緒に会場に入りました。 “メラノーマのSTさんのものがたり”について、 前回の家族会の時に もう一回記事があるというお話があったのだそうです。 (ブログを読んでくださっている・・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紹介 「自分はどうなってもいい」 ~メラノーマで亡くなった若者のものがたり

「サルビアの会」というがん患者の会を開いている赤荻先生のブログ記事の紹介です。 「がんなんかに負けてたまるか~がん患者の会の人たち」 1月末からサルビアの会の様子とは別に10回にわたって記されてきた メラノーマ(皮膚がん)の若い男性のものがたりが先日終わりました。 2015/01/27 自分はどうなってもいい~就職後に待…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

サルビアの会 (4月家族会) はお休みしましたが、・・・・

前日夜には参加のつもりでいたのですが、 当日の朝、急に都合がつかなくなりお休みすることになりました。 TJさん、CBさん、YGさん、MYさん、・・・・ 赤荻先生のブログを読み、皆さんのお顔を思い浮かべながら、 その場に加わらせていただこうと思います。 会の様子は、赤荻先生のブログに数回に分けて記されます。 い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日は誕生日。ブログを始めて1年たちました。

今日で54歳。 新聞の日付を見て気づきました。(笑) 54歳らしく齢を重ねているでしょうか。 初めてのブログは昨年の3月22日、 やってみなくちゃわからない! でした。 「健康」のテーマで書き続け、 毎日たくさんの訪問をいただいています。 ありがとうございます。 ブログを通して知ったサルビアの会にも参加させていただ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サルビアの会 (3月患者会) に参加

古河は21日から 桃まつり です。 お彼岸でしたが、サルビアの会には、いつもの方々が集まりました。 MYさんは、中学を卒業したという外孫さんを 「社会勉強に連れてきました」 と同伴でした。 がんになった時、その子はまだ3歳。 「ここで死んだら、私はこの子の記憶に残らない」 そんな思いもあって頑張ったのだとか。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サルビアの会 (3月家族会) に参加

今日は第一土曜日の患者家族の会。 茨城県古河市の サルビアの会 に参加してきました。 先月末に体験談の講演を見事にやり遂げたMYさんも来てくださいました。 (MYさん) 「また 一つ乗り越えました。」 (先生) 「○さんからも “感動しました”と、連絡がありましたよ。」  ・・・・・ (先生) 「会場の反応はどう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サルビアの会(2月患者会)に参加

茨城県古河市のがん患者の会に参加してきました。 今日は、MYさんが自分のがん体験談を話す講演会の予行演習をかねて サルビアの会でもお話を聞かせていただくことになっていました。 患者会の日ではありましたが、家族会のメンバーや初めて参加の方々も加わって、とても賑やかな会になりました。 MYさんは、 病気・治療の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お墓のこと ~「私の中では今の最大の悩みなの。」という言葉を聞いて・・・・

自分のエンディングノートでも空白になっていた「お墓について」のページ。 夫を亡くし子どももいない方の、「夫の実家のお墓をどうしたらよいか・・・。」 そんな言葉を聞いて、「墓じまい」「改葬」「無縁墳墓」など、 墓地・埋葬に関する法律を含めて いろいろと調べながら一緒に考えています。 (心理相談ではありません) も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サルビアの会 (2月家族会) に参加

昨日第一土曜日は、古河市のがん患者家族会の日でした。 サルビアの会2月家族会(その1) 早々にいつもの方々が集まって、 賑やかに 日常生活を話題にお話が始まりました。 そして、 しばらくして入っていらしたSTさん。 (私は初めてお会いしました。皆さんも、のようです。) 先生が、「今日はSTさんがいらしゃ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2月5日の 茶話with保健師 は「“リビング・エンディングノート”の勧め」

先日のNHK番組「ひとり死」に関する報道(?)で取り上げられていた エンディングノート。 関心の高さに比べて、実際に書かれている方は少ないようです。 わたしは、「孤独死」という言葉にかわって 「ひとり死」という言葉を聞くようになって、いい表現だなぁと思いました。 「一人でひっそりと最期を迎えることをマイナスイメー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新生児の「緩和ケア」 ~「誰から見ても 赤ちゃんが幸せそうに見えること」

生まれる前から、重篤な障害を持って生まれることが分かるようになって その命と家族をどう支えていくかが考えられるようになっているのですね。 先ほどの特報首都圏での報道です。 「家族と過ごした6日間 ~小さな命をめぐる選択~」 出生前に重篤な障害が分って、治療をしても1週間生きられるかどうか・・・。 ご両親は、自然分娩で出産し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サルビアの会 (1月患者会) に参加

いつも通りに家を出ましたが、今日はなぜか信号とのタイミングが悪く、 県境で開始時間になり、途中からの参加になってしまいました。 肺がんの手術をされたという方が初めて参加され、お話をされていました。 古河市の方なのに、隣県のがんセンターで手術を受けられたとのこと。 どの病院に信頼できる手術をしてくれる医師がいるのか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まちの駅で 「茶話with保健師」 始めてみました

毎週木曜日に准ボランティアスタッフとして、まちの駅に通うようになりました。 でも、地元野菜の販売が主で、 なかなか保健師としてお話をする機会に出会えません。 そこで、駅長さんに 「茶話会with保健師」(参加無料) を提案し、 賛成していただきました。 今日はその1回目。 これからの生き方を考える機会にし…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

サルビアの会 (12月患者会) に参加

雨もぱらつく寒い日でしたが、今日は10人。 賑やかにお話が弾みました。 「がんなんかに負けてたまるか」~がん患者会の人たち まずはMYさんの研修講師依頼に関する話題。 (茨城県が進めるがん予防推進員の養成研修 2月下旬) 一般市民は 残念ながら会場でお話を聴くことはできませんので、 「予行練習として 本番前にこの会でも …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

第5回ピンクリボン・デー in くまがや に参加してきました

今日は、熊谷市立文化センター文化会館にて、 第5回 ピンクリボン・デー in くまがや が開催されました。 市内のクリニックにご挨拶に伺った時に 活動案内ポスターを見つけました。 くまがやピンクリボンの会は、 2008年に設立した熊谷市民を中心とした団体で、 現在は161名の会員(そのうち41名はサバイバー)を持つ大き…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

サルビアの会(12月家族会)に参加 

今日は、5人で語り合いました。 サルビアの会 サルビアの会12月家族会(その1) サルビアの会12月家族会(その2) サルビアの会12月家族会(その3) サルビアの会12月家族会(その4) THさんも、SSさんも、一人暮らしの大変さはあっても いろいろな活動に参加していらっしゃいます。 地域の子どもたちを見守る…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

サルビアの会(11月患者会)に参加

茨城県古河市のがん患者の会 に参加してきました。 「がんなんかに負けてたまるか」~がん患者会の人たち 今日は ご主人の療養を支える I Dさんが 初めて参加して 様々な現状をお話しされました。  治療の経過。  ご主人の様子。  自分に何ができるのか・・・。  これから どうしたらいいのか・・・・。 主に赤荻…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「がんの臭い」 ~がん治療をささえる家族の苦労

分子標的薬治療の後に 直腸と肝臓の手術を受けて、 今では週に数回 仕事に出ることができるようになったCBさん。 その介護をした奥さんが語ります。 誰にも効くわけではない薬が奏功したCBさん。 楽天的なCBさんを支えた、心配性の奥さんのお話は貴重です。 サルビアの会11月家族の会(その3) サルビアの会11月家…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本当の「開業記念日」 ~初めての相談依頼

駅に貼ったチラシを見て、はじめて 相談依頼のお電話をいただきました。 約束の時間までに さまざまなことを想定して 準備をしましたし、 あれこれと標準的な進め方を最初は意識しましたが、 打ち解けてくると 普通にお話をするだけで大丈夫。 むしろ 型を意識しない方が、お互いに力が抜けました。 (私の方が緊張して、私らしくなか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

それぞれの人がもつ それぞれの死生観

「安楽死」や「尊厳死」が取り上げられているようですが・・・ その他にも、 「平穏死」「自然死」など、最期の迎え方をあらわす様々な言葉があります。 参考 日本尊厳死協会 個人的には、自分の価値観を尊重されて、苦しむことなく最期を生きたい と思っています。 どんな病気になるか、どんな事故・災害に巻き込まれるか…
トラックバック:10
コメント:0

続きを読むread more

抗がん剤治療 ~すい臓がんだった父の場合

5年前、父のすい臓がん治療で 「抗がん剤」と向かい合いました。 膵臓の病気で通院していると聞いて、 がんだと直感しました。 初めての受診同席で 目に入ったのは、 PC上の高度の貧血データでした。 そして、父が医師から渡された紙には、 CA19-9の 4ケタの数値 ! 受診の待ち時間には 他の患者さんを気遣…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

抗がん剤 ~殺細胞性抗がん剤 と 分子標的治療薬

「抗がん剤」治療は、辛い、苦しい、・・・ 30年前にも使われていた抗がん剤。 まだ 一般的とは言えない治療だったように思います。 5-FU、シスプラチン、・・・・ 今でも化学療法薬剤の中には、 当時から使われていた薬の名前があります。 当時に比べたら、より効果を高め、より副作用を軽減し、 格段に改良・進歩しています…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

サルビアの会(11月家族会)に参加 

今日は雨のせいもあって 4人でお話をしました。 MYさんに初めてお会いしました。 先生のブログや皆さんのお話から想像していた通りの方でした。 そして、CBさんとは2か月ぶり。 前回とは違って、今日は よく笑いながら お話をしてくださいました。 お話の内容は、数回に分けて 赤荻先生のブログに 記されます。 ぜひお読…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

ただ座って過ごすだけのデイ・サービス

「サルビアの会10月患者会(その5)」について ただ座って時間を過ごすだけのディ・サービス。 悲しいことですね。 あるカウンセリング研修のロールプレイで、 父親が脳梗塞を起こし 介護サービスを利用するにあたって こんな不安を訴えた方(クライアント役)がいらっしゃいました。 「どうすれば、有能なケアマネージ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

治療を受ける患者の疑問や不安に応える ~サルビアの会(患者会)

茨城県古河市のがん患者の会での様子をブログから・・・・ 「がんなんかに負けてたまるか」~がん患者会の人たち 「サルビアの会10月患者会(その1)」 いかがですか? 何らかの病気にかかって 治療を受ける立場になった時、 YGさんのような気持ちを持たれる方が少なくないように思います。 主治医から十分な説明がもらえ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サルビアの会(9月患者会)に参加させていただきました 

茨城県古河市の “サルビアの会”へ 2回目の参加です。 第3土曜日ですので、がん患者ご本人が中心の会でした。 初めてお会いする方ばかりです。 定期的な受診をして 経過観察を続けている方々は、 検査の結果について 赤荻先生と確認しながら、 先ずは 日ごろ気になっていたことを 相談することから始まります。 (がんに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サルビアの会(9月家族会)に参加させていただきました

茨城県古河市 古河福祉の森診療所 で月に2回開かれている がん患者の会(サルビアの会)に参加させていただきました。 『「がんなんかに負けてたまるか」~がん患者会の人たち』(9/7) 今日は第1土曜日。 がん患者のご家族が主の会です。 私も 5年前に実父を膵臓がんで送っていますので 家族という立場でご一緒させていただき…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more