テーマ:生きる

根拠のない励ましのむなしさ ~がんと生きる幡野広志さんのブログより~

埼玉県鴻巣市のフリーランスの保健師 栗原です。 人生は自分の選択の積み重ね ~あなたが自分らしく生きるために  あなたの意思決定を支えます~  *  *  *  * 幡野広志さんをご存知ですか? 著書も含め、何度もこのブログで紹介しています。 昨日の幡野さんのブログを読んで ぜ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新出生前診断 実施前の「カウンセリング」って・・・?

埼玉県鴻巣市のフリーランスの保健師 栗原です。 人生は自分の選択の積み重ね ~あなたが自分らしく生きるために  あなたの意思決定を支えます~  *  *  *  * 実施して利益を得る立場側の「カウンセリング」に どれだけの意味があるのか。 新…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ACP(人生会議)」のロゴマークをご存知ですか?

埼玉県鴻巣市のフリーランスの保健師 栗原です。 人生は自分の選択の積み重ね ~あなたが自分らしく生きるために  あなたの意思決定を支えます~  *  *  *  * 「ACP(人生会議)」のロゴマークが 選定されていたんですね。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福生病院での透析中止。その真の問題は何? ~森田医師のブログを紹介

埼玉県鴻巣市のフリーランスの保健師 栗原です。 人生は自分の選択の積み重ね ~あなたが自分らしく生きるために  あなたの意思決定を支えます~  *  *  *  * 福生病院での透析中止問題。 皆さんは どのように受け止めていますか? マスコミは 読者の受けを狙って都合よく書くもの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平均寿命=0歳の平均余命

埼玉県鴻巣市のフリーランスの保健師 栗原です。 人生は自分の選択の積み重ね ~あなたが自分らしく生きるために  あなたの意思決定を支えます~  *  *  *  * 平成 29 年簡易生命表によると、 男の平均寿命は 81.09 年 女の平均寿…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「スマート・エイジング」のすすめ

埼玉県鴻巣市のフリーランスの保健師 栗原です。 人生は自分の選択の積み重ね ~あなたが自分らしく生きるために  あなたの意思決定を支えます~  *  *  *  * 美容・健康関係の広告で目にする 「アンチ・エイジング」という言葉。 その意味を考えたことがありますか? エイジングとはど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「生きるのも日常、死んでいくのも日常」(樹木希林さんの死生観)

埼玉県鴻巣市のフリーランスの保健師 栗原です。 人生は自分の選択の積み重ね ~あなたが自分らしく生きるために  あなたの意思決定を支えます~  *  *  *  * 樹木希林さんの訃報が届きましたね。 私は ドラマや映画はあまり見ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「考えること」を考え続ける。。。 

「考えること」を考えつづけています。 『14歳からの哲学』はそれほど引っかからずに読めたのですが、 『暮らしの哲学』は、やけに理屈っぽいのです。 逆説的な説明が頭を混乱させます。。。 でも、 池田晶子さんって、素直に[面白い人だなぁ。] と感じました。 読み始めてすぐに、 日頃自分が頭に置いている大事な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

再読  『14歳からの哲学』(池田晶子)

2006年に購入していました。 たぶん息子たちのために。 ・・・読むことを勧めたのではなく、本棚に目につくように置きました。 思春期に勧めても反発されるだけ、と思ったのです。 果たして読んだのでしょうか? 本棚の整理をしていて、処分しようとしたものの・・・もったいない。 まずは夫に「読んでみる?」 予想外(?)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『心配は何の役にも立たない』(リー・ミルティア)

無料メルマガで 気持ちを高めるのはいかがでしょう。 私は もう何年も受け取っています。 以下は、昨日(3月21日)に届いたものです。 リー・ミルティアです。 心配は役に立たない感情です。 頭脳は、的確に心配するだけの情報がないために、 心配をて&#1244…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

LGBTという用語は聞きますが、・・・

ダイバーシティ推進が叫ばれ、 「LGBT」という用語がメディアではよく目にするようになりました。 でも、私は、この用語の由来を知りませんでした。 産業カウンセリング会員誌3月号の特集は LGBT 性科学を専門とする大阪府立大学教授 東優子の記事を読みました。 L (Lesbian: 女性同性愛者) G (…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

祝 子育て卒業!

お昼すぎ、次男からLINEで、 「無事卒業!」の連絡。 そんなんです。 今日は学位授与式でした。 北陸まで出て行くエネルギーもありませんし、 これまでも 高校卒業式までで、あとは親の出番はなしでした。 何しろ高校時代から9年間 親元を離れている次男です。 大学時代まで自宅から通っていた長男に比べると やはり自…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『近藤誠/がんでも苦しまず長生きするには』 ~youtubeで講演会内容を公開

2月25日の講演会 世界一ラクな「がん治療」 pert2 その内容をyoutubeでご覧いただけます。 近藤誠/がんでも苦しまず長生きするには 48分カットなし! ゆっくり時間の取れたときにご覧ください。 何かと異端視され、医師からは批判される近藤医師の考え方。 どうぞ、偏見をはずして、フラットな心で聞いてみ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

中学生の自殺死亡率の増加に改めて驚きました

夏休み明け、SOS気づいて 中学生の自殺、4年連続増 (本日の朝日新聞トップ記事です) 全国の自殺者数と中学生の自殺死亡率の推移  国内全体の自殺者が減る中で、中高生の自殺が増えている。文部科学省は7月、夏休み明けに自殺を図る子どもが多いとして、全国の教育委員会などに対策を求めた。昨年の中学生の自殺者は102人で、17年ぶり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サルビアの会 (2016年 6月 家族会) に参加

古河市の福祉の森診療所で開かれているがん患者の会「サルビアの会」に 参加してきました。 前回(5月21日)の患者会は、父の7回忌と重なって欠席しましたので、 1か月ぶりです。 今日の参加者は、MYさんと、Kさんの奥様、そして 私。 4人だけで、主に Kさんのご主人の状況について相談しました。 抜歯が済まないと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

がん検診は何歳まで受けますか? 

がん検診と年齢について 考えたことはありますか? 今日の新聞を読んだ後、PCにもメルマガ(医療ニュース)が届いていました。 厚生労働省が指針を決めて市区町村が実施する「がん検診」の対象には年齢の上限がない。しかし、検査には高齢者特有のリスクもあり、利益より不利益が上回るという指摘もある。海外では上限を設ける国もある。高齢者の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サルビアの会(12月患者会)に参加

昨日は、今年最後のがん患者会でした。 MYさんの紹介で 初めていらしたSKさんのお話からお聴きしました。 サルビアの会12月患者会(その1) 厳しい状況でも しっかりと自分を見つめ、対処していこうと姿に強さを感じました。 MYさんのこれまでの支えもあってのことでしょう。 そして、その最中に、前回奥さまだけが参加したMM…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

[失敗」を活かして成長・成熟する

昨日 創世看匠・藤田さんのブログ「失敗力カンファレンス参加記」 →★その1 ★その2を読んで・・・・ さすが、情報ツウ! このようなセミナー情報をどうやって得られるのかしら。。。 東京という地の利もあるのでしょうが、 私のアンテナの感度が低くなっているような、と反省しました。 内容的には、全く同感。 何もしなければ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サルビアの会(12月家族会)に参加

今日は毎月第一土曜日。 古河市で開かれているがん患者会に参加してきました。 今日の参加者は、ご主人をがんで亡くしたKNさん、THさん、SSさんと 私。 日頃から密に交流している3人ですから、お話がよく弾みます。 12月中には皆さんすでに先生の診察予約もとれているとか。 先生とも10年以上のお付き合いだそうです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サルビアの会(11月患者会)に参加

昨日第3土曜日は、古河市で開かれているがん患者会に参加してきました。 久しぶりの青空の穏やかな週末でした。 会場に入ると、初めての方(MMさん)が 先生とお話しをされていました。 少し離れたところに、TJさんご夫妻とMYさんが立ち話中。 初めにゆっくりと先生とだけお話しできるようにとの配慮です。 私も加わって 近況報告…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サルビアの会(11月家族会)に参加

11月7日(土)は、茨城県古河市のがん患者会に参加してきました。 ついてすぐ、福祉の森会館のプランターのサルビアに目がとまり、 咲き終わった花ガラを摘んでいるところに、AKさんがいらっしゃいました。 挨拶をしながら、 「お水が欲しそう。でも、咲き終わって茶色くなった茎の下からちゃんと新芽が出てるから大丈夫。本当に生命力が強い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サルビアの会(10月患者会)に参加

昨日第3土曜日は、古河市で開かれているがん患者会に参加してきました。 すでに 初めていらしたKTさんご夫妻のお話を 先生とTJさんご夫妻が聴いていらっしゃいました。 サルビアの会10月患者会(その1) 排便はあるものの 「腹のしこりが外から触ってもだんだん大きくなるし、痛くてしょうがねぇ。」 「どんどん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サルビアの会(10月家族会)に参加

昨日(10月3日)は 古河市のがん患者会(家族会)に参加してきました。 午後は、「古河市民フォーラム」で赤荻先生の講演も予定されていました。 診療所に入ると、 赤荻先生は、パワーポイントを用意して待っていてくださいました。 「特にご相談がなければ、午後のお話をひと足先に。」 午後も参加する予定だった人も、午後の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「アンチエイジング」を求める女性たち ~老いや死を認めることは難しい?

このところ、しばらくブログUPできずにいました。 本を読んで考えたり、 ご近所の方々の相談を受けたり ・・・  (収入にはつながりませんが、学びのきっかけを得られます) (2015/9/16) 「長生きはめでたいことなのか」 朝日新聞掲載の投稿をめぐって に たくさんのご訪問をいただいています。 私も考え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サルビアの会(9月患者会)に参加

茨城県古河市のがん患者会『サルビアの会』に参加してきました。 古河市は、「関東・東北豪雨」で大きな被害が出た常総市の近くです。 埼玉と茨城の県境の利根川には、いつもは綺麗に広がる緑のなかに 濁流の跡が残っていました。 会場にはすでにTJさんご夫妻とMYさんがいらしていました。 話題は、やはり水害のことも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「長生きはめでたいことなのか」 朝日新聞掲載の投稿をめぐって

ひとりの高齢者が投げかけた「声」(投稿)に さらに複数の高齢者が意見を寄せていました。 人間らしい生き方を問い続ける医療者もいます。 でも、なかなか思っていても「声」にしにくいようです。 そんななか    ※おそらく埼玉県北本市藤倉医院の医師だと思います ■高齢者は意見もっと述べよう 医師 藤倉一郎(埼玉県 8…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

北関東の豪雨 ~地震の後は豪雨だなんて・・・・

私は茨城県の生まれです。 午前中はテレビをつけることもなかったのですが、 大雨で 大変な被害が出てしまいましたね。 午後のテレビ中継は まるで津波の再現のよう・・・びっくりしてしまいました。 サルビアの会(古河市)の皆さんは被害にあわれていないでしょうか。 そして、私の生まれた町 石岡市(旧 八郷町) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サルビアの会(9月家族会)に参加 

早いもので、古河市のがん患者の会に参加するようになって1年が経ちました。 初めて参加したのは、2014年9月6日★でした。 保健師としてだけでなく、 実父をがんで送った家族の一人としても仲間に入れていただいています。 今日は家族会。 10時少し過ぎているのに、福祉の森診療所前のベンチには いつもの皆さんが・・・??…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サルビアの会 (8月家族会) に参加

8月1日(土)は 茨城県古河市のがん患者家族会に参加しました。 熊谷市に近い鴻巣市同様、古河市も暑さの厳しい群馬県館林市に近いのです。 土曜日も強い日差しが照りつけ、「暑いですねぇ~」が挨拶でした。 でも、そんな暑さの中でも 皆さん集まってきます。 「今日こそ、おしゃべりしないで静かにしていようと思ったけど・・・」 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サルビアの会 (7月患者会) に参加

毎月第3土曜日は 茨城県古河市のがん患者の会に参加。 「がんなんかに負けてたまるか」~がん患者会の人たち 既にTJさんが先生とお話ししていました。 先生の著書 『がんの治療をやめるとき~家で迎える安らかな死』(1999) を読んでの感想のようです。 実際にがんの治療を乗り越えているTJさん。 自分のことだけでなく、自分の…
トラックバック:3
コメント:2

続きを読むread more