テーマ:過重労働

月100時間を超えて残業をした正社員がいる企業が12%

医療ニースm3.com より。 政府は7日、過労死等防止対策推進法に基づく初めての「過労死等防止対策白書」を閣議決定した。過労死ラインとされる月80時間を超えて残業をした正社員がいる企業が23%に上るといった長時間労働の実態、2015年度に過労死、過労自殺(未遂含む)の労災認定がそれぞれ96件と93件あったとのデータなどを盛り込み…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

知っていて、行動すれば・・・・ ~所得税の還付申告

お役所の基本は、「申告」です。 必要書類がそろっていることも条件です。 医療費を年間10万円を超えて支払っている場合には、 確定申告により 還付が受けられることは広く知られていることと思います。 ふるさと納税も 寄付として(今のところ)確定申告が必要です。 もう一つ、 年の途中で退職し、年末調整を受けていない…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

過重労働による離職支援 ~産業医面談の報告

月100時間超の時間外労働の実態があり 本人が申し出た場合、 産業医面談を行うことが事業所には義務づけられています。 先日の若者(★2015/03/27)は、本社配属になり、 離職の方向性は決まっているものの産業医面談希望を申し出ました。 そして、本社の産業医と話ができたそうです。 もちろん、産業医は労働時間の…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

過重労働で自己都合退職はしない! ~労働法規を知りましょう

厚生労働省 埼玉労働局発表 (27年1月27日) 11 月の「過重労働解消キャンペーン」における重点監督等の結果(埼玉労働局分) -重点監督実施事業場のうち 73.9%が法令違反、15.7%が月 100 時間超の時間外労働- (埼玉産業保健総合支援センターの定期メルマガより) 「よくあることだから」 とか、 「面倒だか…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

過重労働による離職支援

ある若者(就職1年目)の過重労働にかかわりました。 朝7時前に始業、21時過ぎの終業。 日曜日のみ休みで、土曜・祝日はほぼ出勤。 これは概算で月150時間超の時間外労働になります。 しかも、ご本人の自己申告残業時間は月約40~50時間だとか! 寮と現場作業場までは通勤片道1時間。 冗談ではない! {%…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

過労死等防止対策推進法 施行 ~過重労働による健康障害の一次予防を期待します

平成26年11月1日より、 過労死等防止対策推進法 が施行されました。 日本人の働き過ぎは よく知られたことですが、 「勤勉性」という良い見方もできる一方で、 今では、健康障害を引き起こす「害」になっています。 月に50時間以上の時間外労働をしている労働者の割合は、 欧米諸国の3倍以上というデータもあります。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more