テーマ:生き方

【羨ましい孤独死の条件】(森田洋之医師のブログ紹介)

埼玉県鴻巣市のフリーランスの保健師 栗原です。 人生は自分の選択の積み重ね ~あなたが自分らしく生きるために  あなたの意思決定を支えます~  *  *  *  * 最期まで自分らしく生きたいと思っても 多くの場合、 「家族」がその権利を奪ってしまいます。 しかも「善意」で。  ~ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「生き方」「人間関係」「子育て」・・・幡野さんの言葉から考える機会をいただく

埼玉県鴻巣市のフリーランスの保健師 栗原です。 人生は自分の選択の積み重ね ~あなたが自分らしく生きるために  あなたの意思決定を支えます~  *  *  *  * 生きづらさを感じている人に ぜひ幡野さんを知っていただきたい。 2020/02/29 東洋経済オンライン  ↓ ↓ ↓ 幡…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「袋小路」に陥ったら・・・ ~ボイスマルシェMITOさんからのアドバイス

埼玉県鴻巣市のフリーランスの保健師 栗原です。HP 「袋小路」に陥ったら、・・・ いつも素敵に生きる ボイスマルシェ相談員MITOさんから届いた アドバイスをシェアします。  *  *  *  *  *  *  * 上と下に意識を向ける。 上は天、可能性の世界…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

死亡者数が最多になるといわれる「2040年」

埼玉県鴻巣市のフリーランスの保健師 栗原です。HP 2040年、 高齢者数はピークを迎え、 死亡者数も最多の年168万人に! これが 「2040年問題」といわれるものです。 今日のNHKニュースでも、 「2040年、一人暮らしが4割になる」 と報道されました。 現在私たち夫婦は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「健康情報に振り回されるのは“病気” 」 ~そうかもしれません!

今日の新聞の書籍広告欄に 五木寛之 『健康という病』 (12月27日発売) がありました。 この題名に目がとまりました! 以下は、Amazonの内容紹介文です。 健康を過度に気遣うことは、深刻な病気である 津波のような健康情報の中で 何が正しくて何が必要かを選択する ヘルスリテ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

77歳ご夫婦の生き生き ~鴻巣市の籠編み作家・上野広秋さん

今日の朝日新聞埼玉ページに素敵な77歳を見つけました。 10月7~9日 箕田の自宅で展示会開催 電話 090-7942-2095 息子さんが 「山里の恵み 工房うえの」 籠編み作家・上野広秋がやまぶどうで作ったバッグやアクセサリーの紹介サイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

萬田緑平医師の活動 ~本物の“緩和ケア”実践

是非読んでいただきたい本です。 『家に帰ろう~在宅緩和ケア医が見た旅立つ命の軌跡』  萬田緑平 医師) 人生の最終章は家で迎える。 あなたも、あなたの家族にも、きっと幸せな死のかたち ーーー (本の帯 より) ・・・僕の在宅緩和ケア医としての絶対的基…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

『365日の紙飛行機』の歌詞は 後半が素敵!

昨年のNHK朝の連続テレビ小説 “あさが来た”の主題曲。 今日は、夕食後に たまたま歌番組をスイッチoff しなかったので 『365日の紙飛行機』 を通しで聞くことができました。 あのドラマは 私の性格に似た主人公の行動が頼もしくて みられる時だけ見ていました。 木登り好きのおてんば 「なんで?」 と 「やってみまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サルビアの会 (2016年 7月 患者会) に参加

古河市の福祉の森診療所で開かれているがん患者の会「サルビアの会」に 参加してきました。 今日も大勢の参加者でした。 相撲や雨のことなどをお話しているうちに、席が埋まってきました。 まずは、Kさんのご様子を奥様からお聴きしました。 抜歯の予定は数日後に入っているのですが、 現在は、以前から利用している病院に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「死ぬときぐらい 好きにさせてよ」 ~クロ現 見逃してしまいました・・・・

今日のクローズアップ現代は、 自らもがんを公表している樹木希林さんがゲストでした。 テーマは、『がんを“生ききる”~残された時間 どう選択~』 最後の7~8分しか見られませんでした。  残念~! その短い時間の中でも 樹木希林さんのお話は うんうん と頷けることばかり。 お正月でしたか、 新聞のカラー…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more