テーマ:医療

クラウドファンディングで作った話題の本『医者の本音』 (8月7日発売!)

埼玉県鴻巣市のフリーランスの保健師 栗原です。 人生は自分の選択の積み重ね ~あなたが自分らしく生きるために  あなたの意思決定を支えます~  *  *  *  * 8月7日発売! 医者の本音 (SB新書) [ 中山 祐次郎 ]価格:885円(税込、送料無料) (2018/8/6時点)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

問題提起「安楽死」 ~トークイベント「安楽死を遂げるまで」のレポート

 埼玉県鴻巣市のフリーランスの保健師 栗原です。 人生は自分の選択の積み重ね ~あなたが自分らしく生きるために  あなたの意思決定を支えます~  *  *  *  * 「充実した緩和ケアが受けられれば、 安楽死が認められていても安楽死は選択されない」 そうなのだと思います。 今の日本の …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

低栄養の怖さ (脱水症による一時的入院で寝たきりに)

埼玉県鴻巣市のフリーランスの保健師 栗原です。 人生は自分の選択の積み重ね ~あなたが自分らしく生きるために  あなたの意思決定を支えます~  *  *  *  * 先月、 (2018/05/29)高齢者にとっての「入院」というリスク を書きました。   今日は広く高温になり、 埼玉は真夏…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高齢者にとっての「入院」というリスク 

埼玉県鴻巣市のフリーランスの保健師 栗原です。 人生は自分の選択の積み重ね ~あなたが自分らしく生きるために  あなたの意思決定を支えます~  *  *  *  * 高齢者は入院で生命予後やQOLが低下 「安心のため入院させる」 という声が…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「神経内科」改め「脳神経内科」へ

埼玉県鴻巣市のフリーランスの保健師 栗原です。 人生は自分の選択の積み重ね ~あなたが自分らしく生きるために  あなたの意思決定を支えます~  *  *  *  * これまでの診療科目名「神経内科」が、 来春までに徐々に 「脳神経内科」に変更されるようです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

医療者が続々と集まる病院 ~愛媛県「HITO病院」

埼玉県鴻巣市のフリーランスの保健師 栗原です。 人生は自分の選択の積み重ね ~あなたが自分らしく生きるために  あなたの意思決定を支えます~  *  *  *  * 医療ニュースで紹介された 素晴らしい病院をご紹介します。 愛媛県四国中央市 HITO病院 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『在宅医療』を牽引する佐々木淳医師

埼玉県鴻巣市のフリーランスの保健師 栗原です。 人生は自分の選択の積み重ね ~あなたが自分らしく生きるために  あなたの意思決定を支えます~  *  *  *  * 朝日新聞の土曜日朝刊beに、 佐々木淳医師のコラム 「それぞれの最終楽章」 が連載されています。 佐々木先…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

静脈がみえる ~テルモが静脈可視装置「ベインビュア」を発売

埼玉県鴻巣市のフリーランスの保健師 栗原です。 採血や静脈注射の際に なかなか針が入らないのは、 検査や治療を受けるほうはもちろん、 医療従事者にとっても辛いものです。 数年前に看護師として働いていた時の、 毎日静脈注射に通う方の言葉 「何度やり直してもいいよ。悪いなぁ。  ・・・・ 血管を見つける器械…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

看護職賠償責任保険は個人契約できます

埼玉県鴻巣市のフリーランスの保健師 栗原です。 看護職の皆さん、 賠償責任保険に加入していますか? 日本看護協会のweb管理化に伴い、 日本看護協会会員更新 と 賠償責任保険契約更新 が、 4月になりました。 職員を大切にする医…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

逆子は緊急対応できる施設で実施? ~逆子をくるりと直した私の主治医

埼玉県鴻巣市のフリーランスの保健師 栗原です。 新聞を読んでいたら・・・ 逆子は帝王切開が一般的 自然分娩を望むなら 緊急対応できる施設で実施 [へぇ、そんなんだぁ。] という感じです。 医療技術が進歩するほどに、 医師の持つスキルは落ちて なんでも機械に頼る、 ってことですね。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

デパス錠の危険性を知って使っていますか?

埼玉県鴻巣市のフリーランスの保健師 栗原です。 デパス(エチゾラム) という薬をご存知ですか? 精神安定剤のひとつです。 (抗不安薬・睡眠薬) 2016年10月、第3種向精神薬に指定され 保険医による処方の上限は 30日分に制限されました。。 それが、 2018年度の診療報酬改定では …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

内視鏡は血管内へ ~わずか直径1.8mm!

胃内視鏡が経口から経鼻へと変わったのは 10年ほど前からでしょうか。 経鼻の胃内視鏡の太さは確か5~6mmだったような。 昨日 大阪大とパナソニックが共同開発した 血管内をカラー画像で映す極細の 血管用内視鏡カテーテルが紹介されました。 なんと、 内視鏡の先端部分(直径1・8ミリ、長さ5ミリ)の小さな空間に、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

月額医療費1000万円以上の人が延べ484人 ~高額療養費制度があるけれど

月額2000万円以上ではのべ69人。 最高額はなんと月に1億694万円!!?  (2016年度・健康保険組合連合会の発表)    患者の自己負担は、 多くの場合 高額療養費制度などで数十万円以下になるので、 ほとんどは税金や保険料から支払われます。 ため息が出ませんか。 高額な治療を どこまで保険適用するの…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

採血 ~腕をたたいて血管が見つかる?

看護師(特に新人看護師)にとって 採血はとても緊張するものです。 私が20代の新人看護師時代。 病棟看護師が各外来も担当する 仕組みを持っていた筑波大学では、 ICUの看護師は 外来担当の日は「採血室」でした。 一日中、ひたすら採血を続けます。。。 1度の失敗は許していただけますが、 2回目のなんと緊張…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

鴻巣市が日本薬科大学と連携協力ですって。

埼玉新聞(5月11日配信)によると、 「鴻巣市と日本薬科大学(伊奈町、丁宗鐵学長)は、幅広い世代の健康増進やさまざまな事業に連携協力していく包括協定を締結」  「医療と健康をはじめ、食と薬の理解を深め幅広い世代の健康増進、豊かな地域社会の形成・発展と地域産業を担う人材の育成などを目指していく」 そうです。 (医療ニュース速…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

医療の傲慢さに怒り! ~ゆうこさんのブログより

ゆうこさんのブログ 4月27日 一番悲しかったこと を拝読いたしました。 家族の意識のない状態の中で治療の選択を迫られるとき、 こんな一方的な進め方でいいわけがないではありませんか!!! その前の 4月19日 治療を何もしないラインとは 4月21日 「倫理」という言葉の重み も合わせて読ませていただいてくださ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

萬田緑平医師の講演活動紹介 

前橋市で開業を目指す萬田医師のブログを見つけました。 萬田緑平の講演会活動 (以下の緑文字はブログからです) 8年半で講演320回。 のべ40,000人以上のかたに聞いてもらえました。これからも、地道に広めたいです。2017/3/31で緩和ケア診療所いっぽを退職しました。今後は「緩和ケア 萬田診療所」を開業し、講演活動も継続…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「潜在がん」って知っていますか?

これまでの自分のがん治療に対する常識を考え直す(その5)←★ 心筋梗塞や事故死など がん以外の原因で死亡した人を解剖すると見つかる“がん”のことを「潜在がん」と呼びます。 以下(緑文字)は、近藤誠医師の著書の中から取り出した情報です。 もっともよく知られている(よく見られる)のが前立腺がんで、 その発見率は、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

乳幼児期の脱水 ~約20年前の私の経験

乳幼児の脱水に書いていて思い出した“驚きの経験”があります。 息子の鼠径ヘルニアの手術のために 近くの病院に入院したことがあります。 あまり評判は良くなかったのですが、 外来での医師の対応が信用できましたし、 私が入院に付き添うことができたので、そこで手術をお願いしました。 通常は、ごく簡単な手術ですから、 手術さえ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

がんの再発・転移や播種はメスを入れることによって起こりやすくなる!?

これまでの自分のがん治療に対する常識を考え直す(その4)←★ がんといえば、 「少しでも早く手術を!」 が、まだまだ一般的なイメージだと思います。 20世紀に入って、 麻酔法や抗生物質が発見されてから始まった外科手術が、 さらに手術器具の技術開発・改良が進んで、 今ではがん治療の第一選択枝になっているとも言えま…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

がんの「リンパ行性転移」はない!?

これまでの自分のがん治療に対する常識を考え直す(その3)←★ 日本のがんの標準的な考え方は、 国立がん研究センター がん情報サービスで知ることができます。 そこでは、転移について、 「転移」とは、がん細胞が最初に発生した場所から、血管やリンパ管に入り込み、血液やリンパ液の流れに乗って別の臓器や器官へ移動し、そこでふえるこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「上皮内新生物」は良性か、悪性か。

これまでの自分のがん治療に対する常識を考え直す(その2)←★ 「上皮内新生物」をどのように扱っているか考えてみました。 日本では「早期がん」も、 欧米ではほとんど「良性病変」  (『健康診断は受けてはいけない』 [p.101] 近藤誠 ) 日本の場合、 国立がん研究センター がん情報サービスを見ると標準治療…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

がんの発見率はあがっても 死亡率は変わらない!

これまでの自分のがん治療に対する常識を考え直す(その1)です。★ 乳がん・前立腺がん・子宮がんなど 検診受診が勧奨されている部位のがんほど患者数の増加が著しい。 ところが、これらのがんでは、死亡率が減るのではなく、 死亡率がむしろ上昇している! (全がん死亡率は減少するなかで、  検診発見がんの死亡率は増…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私の「がん治療に対する考え方」の変化をたどってみました

このところ、がん治療について考えることが多くなりました。 3年前からの自分のブログ記事を読み返してみて、 自分の考えが大きく変化していることに気づきました。 例として、 「乳がん検診」に関係する私のブログを拾ってみました。 2014年の記事では、明らかに肯定的な意見です。 あまりがんについて関係しなかった…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

医師も英文論文を読まない・・・? (看護職だけでない)

『健康診断は受けてはいけない』(近藤誠) を一読しました。 2度目に入る前に、草取りをしながら いろいろなことを考えました。 (そのあと、実は他の本が手元に届いて視点を変えて考えていましたので、 この記事は公開せず数週間も保存してありました。) ある病院の特定保健指導の立ち上げ事業にエネルギーを使い果たし、 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

『近藤誠/がんでも苦しまず長生きするには』 ~youtubeで講演会内容を公開

2月25日の講演会 世界一ラクな「がん治療」 pert2 その内容をyoutubeでご覧いただけます。 近藤誠/がんでも苦しまず長生きするには 48分カットなし! ゆっくり時間の取れたときにご覧ください。 何かと異端視され、医師からは批判される近藤医師の考え方。 どうぞ、偏見をはずして、フラットな心で聞いてみ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

『萬田緑平/家に帰って旅立ったがん患者たち』 ~youtubeで講演会内容を公開

2月25日の講演会 世界一ラクな「がん治療」pert1 その内容をyoutubeでご覧いただけます。 萬田緑平/家に帰って旅立ったがん患者たち 50分カットなし! 時間を確保してゆっくりご覧ください。 医療処置はほとんど行わない萬田医師の自宅緩和ケア。 スクリーンいっぱいの患者さんとそのご家族の姿を そのままy…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

進学準備の季節 ~絶版本をお譲りできました

Amazonに出品していた本が購入され 昨日「発送依頼メール」が届きました。 あら、まぁ!です。 即日レターパックで発送しました。 1980年代発行のもので、現在は絶版で中古しか手に入りません。 (というか、自分が大学院入学時も中古購入しかありませんでした) なんでこんな古いものを準備するように求めるのか??? と…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

萬田緑平医師が独立開業へ! ~前橋市 緩和ケア萬田診療所(仮称)

前橋の緩和ケア診療所「いっぽ」で診療活動をしてきた萬田医師が、 4月から 前橋市内の群馬大学病院近くで 独立開業します。 (2016/12/19)医療は利用するもの (医療に利用されないで) 目指すのは 「楽に長生きする緩和ケア」 緩和ケア萬田クリニック 下記の動画は開業計画中のものです。 https:/…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more