開業保健師 栗原  “自分らしさ”を大切に生きる

アクセスカウンタ

zoom RSS サルビアの会 (2017年 6月 患者会) に参加

<<   作成日時 : 2017/06/18 23:33   >>

トラックバック 0 / コメント 0

古河市の福祉の森診療所で開かれている がん患者の会「サルビアの会」 に参加してきました。


今日は、初めての方が二人もいらっしゃいました。

一番に来て 先生と話していらしたのは、
頸部のがん(中咽頭がん)の治療後のかたでした。

針生検でも「良性」と言われていた首にできた腫瘤が、
手術をして調べたら「悪性」のものだった、というのです。
「W期です」と、淡々と話されていました。

手術した後、放射線治療を優先して行い、
抗がん剤治療は、一度だけで断念したこと。

抗がん剤治療を続けたら 放射線治療を続ける体力が続けないと感じて、
自分の意志で治療の方針を決めたそうです。
主治医も、放射線優先で、
抗がん剤治療に関しては「やった方が望ましいが、」という意見だったとか。
多くの場合医師が主導権をとって 患者はそれに従うしかないものですが、
I さんの場合は、医師との関係がうまく取れているようでした。



もう一人のかたは、前立腺がん。
Kさんも 膀胱に浸潤・リンパ節転移をみとめるW期だそうです。
一通りの病状・治療経過を説明したあと、
抗がん剤の治療をどのように進めていくべきか、
参加者のみなさんに意見を求めました。

Kさんの場合、
抗がん剤がとてもよく効く(腫瘍マーカー値を下げる)ようです。
だからなおさら、次の抗がん剤治療をどう受けるかを悩む。

悩むというのは・・・
はじめのころは抗がん剤治療をしても話に聞くほどの辛さは感じなかったそうですが、
3週間ごとに何度か繰り返しているうちに、
次第に体力がなくなってきているのを感じるようになった。
先のことを考えようとしても、
その「先」というのがとても近い「先」になってしまっている自分の心。
尿閉で気づいた前立腺がんだが、
その直前にはPSAが50になっていても山登りに出かけていた。
もう一度山に登りたい。できるんじゃないか。
 ・・・・
自分の治療経過やその効果をしっかりと理解し、
抗がん剤治療と自分の体や心の変化を把握していらっしゃいました。
いつか骨転移を起こして体が思うように動かなくなることも頭に置いて、
抗がん剤の治療間隔を伸ばして、
自分らしく生きる時間を持ちたいと考えているようでした。

Kさんは、
治療と生活の質の間で 自分の生き方を探っているようです。

お話を聴きながら、[強いなぁ] と私は素直に驚いていました。



抗がん剤治療は、
がんの成長を抑えたとしても 自分自身の体力を落としてしまいます。
それでは、治療のために生きているようになってしまう。

患者会に参加する人のほとんどが、
抗がん剤の使い方をめぐってそれぞれの経験を持っています。



がんのステージによっては、
長さは予想できなくても限りがある命であることを意識せざるを得ない。
・・・・ですよね。

このように厳しい状況の中でも、心を乱さず(少なくともその場では)に相談に訪れる場合、
先生からのアドバイスの言葉も率直になります。



私は、その日の夜になっても、
ブログを書きながら、
中喉頭がんについて調べながら、
「ん〜。。。」「ん〜?」 ばかりでした。

私の心の中では、 I さんの様子に
正直なところ(違和というか)疑問ばかりが浮かんでしまうのです。
[この“落ち着き”はどこからくるのだろう] 
[この一年、どんな過程を踏んで今があるのだろう]
[どんな人生観をお持ちなのだろう。・・・この若さで]
 ・・・・??
今日も、庭仕事をしながら考えていました。


「W期」ということをスラリと口にできる時代になってきた。。。(?)
もちろん、
たまたま今日の初参加のかたがお二人ともそうだっただけです。

だけれども、
病気・病状の告知が当たり前になって、
患者も情報を共有し、治療に参加するようになって、
インターネットを通して自由に情報を得ることができるようになって、

でも、・・・・

そう簡単にこころは落ち着くものなのでしょうか。。。
表向きの態度と本当のこころは一致するものでもない。
一人になった時、どんなこころの状態で過ごしているのでしょう。。。

「でも、」 が 私の頭の中を動きまわります。



会の終わりに
先生が「I さん、今日は初めて参加していかがでしたか?」
(I さん)「ん〜。暑かったです!」 (みんなの笑い声)
この反応も意外でした。私も思わず 笑っちゃいましたけれど。




ブログの公開は一日遅れになりました。。。




それぞれの人の ぞれぞれの価値観 を尊重します!
埼玉県鴻巣市の開業保健師 ヘルス プロモーションサポート栗原 HP はこちら

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
サルビアの会 (2017年 6月 患者会) に参加 開業保健師 栗原  “自分らしさ”を大切に生きる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる